小顔になる方法 マッサージ 矯正 髪型 メイク 骨格 ローラー

小顔人気...

小顔である事が女性の美人といわれる条件だと言われています。


アイドル・女優・テレビタレントなども多くが小顔です。


ただ、もともとは日本人は小顔が好きだった訳ではないという説もあります。


実際、昔の歌舞伎役者は舞台で映えるのもあり、顔が大きかったといわれています。


テレビでの影響で小顔が美人の条件になったのでは?とも言われています。


しかし、そんな現代を生きている我々は、やはり顔が大きい人よりも、顔が小さい人の方に憧れが強いですよね。


顔を小さくするための方法はいろいろあります。

[スポンサーリンク]


髪型やメイク、マッサージ、フェイスリフトやエラを削ったりすることで小顔になることができます。


自宅で簡単にできる小顔グッズも数多く販売しています。小顔は女性のみならず、男性も憧れるようです。


確かに、テレビを見ていると男性タレントや俳優も小顔が多いですよね。


男性も小顔グッズを使用したり、メンズエステや、マッサージを行っているようです。


最近では、男性の美意識の高さに女性でも驚かされます。


また、人類の進化の方向が小顔化に進んでいる兆候があるようです。


大昔よりも、食物が柔らかくて食べやすいものに変化し、これにより顎骨、歯が小さくなったそうです。


この小顔化は着々と進んでいて、日本だけでなく全人類がそのような兆候があるようです。


しかし小顔化が進んでいるといっても、ほんの少しずつ変化していっているわけですから、現代の私達は小顔になる努力をし続けるしかなさそうです。


自分に合った方法で、憧れの小顔を手に入れたいですね。



小顔矯正によるメリット

小顔矯正をするという方が昨今の小顔ブームにより増加しています。


顔は、年齢によるものや生活習慣によるものなどにより、何らかの理由でたるんでいってしまうものです。


しばらくするとむくみやシワのもとにもなってしまい、美容の面から考えるなら避けたいものです。


小顔矯正とは、顔のリフトアップによりたるみやむくみをとり、すっきりとした顔だちを作る方法、行為のことを指します。


小顔矯正の方法には、顔の脂肪を落としたり、皮、筋肉、骨格を矯正するといったものになります。


整形手術などが含まれることもありますが、基本的には簡単なケアによって小顔づくりを行っていくことになります。



小顔矯正による効果には、どのようなものがあるのでしょうか。

もちろん、顔を小さく見せられるのは当たり前として、他にもうれしい効果があります。


・肌環境が良くなる

小顔と肌環境の関係が思い当たらないかもしれませんが、小顔矯正によって肌環境が良くなることがあります。


というのも、顔のむくみをとるためには、筋肉を引き締まらせたり、脂肪を落としたりすることになるので、結果として血行が良くなるのです。


血行が良くなれば、肌にハリとうるおいが与えられるので、小顔矯正は美顔のみならず美肌に効果があるのです。


・しわが少なくなる

顔にすでにしわが出来ている際にも、小顔矯正でしわが減ることがあります。


たるんだ顔の皮膚によって、しわが出来ている場合には、小顔矯正で皮膚を釣り上げることにより、しわが引き伸ばされて目立たなくなります。


・顔の左右のバランスが良くなる

顔の左右のバランスが良いと、整った顔立ちと認識されやすくなります。


小顔矯正は、顔のパーツの位置調整にも効果があるので、左右の顔のパーツのずれを均等に正すことができます。

小顔マッサージ

顔の小さい人と並ぶと自分の顔の大きさが気になる…。


「こんなに私の顔大きかったんだ」なんて気付いてしまったときのショックは計り知れないもの。

「小顔になりたい!」

でもどうしたらいいのでしょうか?


顔が大きく見えてしまうのはどうして?

主な原因は顔のたるみやむくみです。


<<顔のたるみ>>

顔のたるみは表情筋の衰えが原因と言われていますが、他にも僧帽筋が大きく関係しているのです。

僧帽筋とは後頭部から肩甲骨周辺にある筋肉のことです。

この筋肉には表情筋と一緒に顔を引っ張り上げる役割をしています。

この僧帽筋が、

・運動不足

・猫背


などで硬くなってしまうと引っ張り上げる力が弱くなり、顔がたるみます。


<<顔のむくみ>>

老廃物が溜まるとむくみが起こります。


リンパ液の流れを良くするとむくみは解消することができます。


顔がでかい。なんて思われるのは誰しも嫌ですよね。


実は、こんなむくみやたるみにお悩みのあなたに、とっても素敵なエクササイズとマッサージがあるんです。

これであなたも「かわいい小顔」に大変身!


<<小顔エクササイズとマッサージ>>

まず、僧帽筋を刺激するエクササイズです。

1:肘を軽く曲げて両手をお腹前辺りで重ねる

  このとき手の甲は下に向ける

2:息を吐きながら肘を後ろに押し出して胸を開く

3:下顎を上に突き出すように持ち上げる

  それから元の位置に戻す

  これを15回繰り返す


次にリンパ液の流れをよくするマッサージです。

1:両手を右側の腰辺りで組む

  このとき肩甲骨を引き寄せるように意識すること

2:目線を胸に落とす
  それから息を吐きながら首を後ろに伸ばす

3:息を吸いながら正面に戻す

4:息を吐きながら右側に首を倒す

5:左手を腰に置く


  右手で耳の下からリンパ液を流すように揉む

6:首の根元辺りまできたら顎を天井に向ける

7:反対側も同じようにやる


「これで小顔になれる!」なんて1度やっただけで満足してはダメですよ?


継続が大事!難しいことではないですから空いた時間にちょこちょこやってみてはいかがですか?


これらのエクササイズやマッサージには肩こりを解消する効果もあるので、小顔だけでなく肩こりでお悩みの方にもオススメです!

[スポンサーリンク]

小顔に見える髪型

《 小顔に見える髪形 はじめに》

自分の顔を小顔に見せるために、特に女性は様々なことを試みておりますよね。


その結果、【服装】【メイク】【髪型】などによって、本当に顔が小さくなる訳ではないのに、見た目小顔に。


または、痩せ顔に見えるってこと、ありませんでしたか?


その利点は美容整形やエステなどと違って、費用が安く済み、自分でも簡単にできることですが、まず小顔に見える髪形のお話です。


小顔に見える髪形にするためには、自分の顔の特徴、例えば骨格や筋肉の付き方、また目・鼻・口の位置などをよく観察しなければいけません。


少しはプロフェッショナルの力を借りる必要があるかもしれませんが、まずは自分で試してみる手軽な方法をご紹介します。


《 小顔に見える髪形 サイドの髪を変える》

小顔に見える髪形で一番簡単なのは、サイドの髪をおろすことです。


丸顔やエラが張っているような顔の人は、サイドの髪をおろした方が顔が細く見え、小顔に見えます。


このとき、小顔に見える髪形としては、髪を耳にかけないほうが無難です。


逆に、丸顔でなかったりエラがはってない場合は、髪をまとめてアップにすればサイドのボリュームがなくなり、顔がすっきりします。


小顔に見える髪型として、髪にボリュームをつけることによって、輪郭をシャープにみせることができますが、全体的にボリュームをもたせすぎると、頭と顔が重たくなりすぎて、顔の輪郭が強調されてしまいます。


そのあたり、小顔に見える髪形の調整は難しい場合もありますので、難しいと思った場合は美容院に行ってご相談して下さい。


プロはそのテクニックを持っていますので、後々のケアも聞いておけますから、今後のために有効だと思います。

前髪だけで小顔に見せる

スタイルや見た目。


他人からどう見られているか、誰しも気になるところですよね!


女性なら特に、「可愛くみられたい」という願望は強いもの。


でも…精一杯メイクをしてオシャレして撮った写真。


よく見ると、隣の人と自分の顔の大きさが全然違った。


なんてことにショックを受けたことありませんか?


「顔の大きさはどうにもならないじゃない…」


そんなに落ち込まないで!前髪だけで小顔に見せることができるのです!


●前髪だけで小顔に見せる?

前髪を上げているか下げているか?


あなただったらどちらの方が小顔効果があると思いますか?


前髪を上げている方が大人っぽく見えたりするものですが、実は前髪を下げた方が小顔効果が高いと言われています。


でもあんまり長くても、「暗い」とか「重い」とかマイナスな印象がついてしまいます。長さは眉毛と目の間くらいがオススメ!


●どんな前髪がいいの?

パッツン前髪が流行ったりしていましたが、小顔効果があるかどうかという点で見るとパッツン前髪はNGなのです。


前髪で額を完全に隠してしまうと頬の膨らみに目がいってしまい、顔が膨らんで見えてしまうのです。


ではどんな前髪が効果的なのでしょうか?


正解は...



前髪を作って斜めに流す、です!


額がちらりと見えるくらいがちょうどいい感じですね。


こうすることにより、小顔だけでなくほっそりと見せる効果もあるのです。


難しいことは何もありません!ちょっと前髪をいじるだけで、今のあなたとはまったく違った印象を相手に与えることができるのです。


イメージチェンジ、くらいの気持ちであなたも試してみてはいかがですか?

小顔に見えるメイク術

《 小顔に見えるメイク術~基礎化粧品~ 》

小顔に見えるメイク術は、基礎化粧から始まります。


肌に十分の化粧水を染み込ませ、乳液でその化粧水の蒸発を防ぎます。


つづいて、小顔に見せるメイク術として、下地クリームで肌を滑らかにして、化粧崩れを防げば、小顔に見えるメイク術の効果もあがります。


では、リキッドファンデーションを塗りましょう。


顔に陰影をつけ、ラインを引き締めるためです。


目の下からほほ骨の逆トライアングルゾーン、あごの先端に軽くたたき込みますと、顔の高い部分が強調され、顔全体が立体的になりますので小顔に見えるメイク術には欠かせません。


小顔に見えるメイク術は、続いてそのほかの部分に自分の肌色にぴったりのファンデーションを塗り、あごには自分の肌より暗いシェードカラーを塗ります。


これでさらに顔のラインを引き締めをします。


もちろん顔全体のファンデーションも必要です。


《 小顔に見えるメイク術~パウダー・チーク・アイメイク 》

小顔に見えるメイク術の最後は、パウダーやチークなどです。


アイメイクで目を大きく見せれば、そこに視線が集まって顔が小さく見えますので、例えば明るい色をアイホール全体に入れ、パールをまぶたの中心に丸く乗せて光らせます。


さらに、ダークカラーを目頭から中央、目尻から中央へと入れていくと、色のグラデーションによって目が立体的に見えます。


そこへアイラインで目の輪郭を強調し、黒目の上下を強調するようにマスカラを付けると出来上がりです。


小顔のメイク術の基本は立体感をつけることですので、ラメ系とブラウン系のコスメを上手に組み合わせるのもお勧めです。

小顔エクササイズ(ローラー・マスク)

《 小顔エクササイズ ~ローラー編 ~ 》

小顔エクササイズとして、【リンパのマッサージ】や【整体による小顔の矯正】、さらには【化粧方法】【髪型】【全身のダイエット】など、様々なエクササイズがありますが・・・


ここではその中から、小顔ローラーを使う小顔エクササイズと、『小顔マスク』による小顔エクササイズをご紹介します。


現在、小顔エクササイズにマッサージは欠かせませんが、それを手軽にやってくれるのが小顔ローラーです。


小顔ローラーは、リンパマッサージと同じような効果があり、自分の手だけでリンパ腺をマッサージすると、余計な力が入りすぎて刺激が強くなってしまう危険性があるために、小顔ローラーが開発されたのです。


しかし、小顔ローラーは様々な種類があり、効果もさまざまですし、自分の肌に合うかどうか確かめる必要がありますので、効果や使用感を確かめてから、利用するようにしましょう。


《 小顔エクササイズ ~ マスク編~ 》

続いて、小顔マスクを使った小顔エクササイズです。


ソフトシリコン、ナイロン、アルミ製の素材のほかに、ゲルマニウム製のものもあります。


顔を包み込むように、顔型に作られたフェイスマスクを、お風呂や就寝時などに使用しますと、サウナ効果による発汗作用によって顔が引き締まり、老廃物が排出し、むくみ・二重顎が改善されます。


このように、発刊作用は小顔エクササイズには大事なポイントです。


まずは簡単にできる【マッサージや体操】などの【小顔エクササイズ】を試してみて、「効果が上がらない」「億劫だ」「時間が取れない」などの場合に、この小顔マスク を利用されるのもいい方法です。

小顔体操

《 小顔の体操の前に 》

小顔になる為に、自宅でも簡単にできる【小顔の体操】を行うことは大事ですが・・・


その前に、まずは日常でも小顔になる方法があります。


それは、食べ物をしっかり両方の歯でかむことですが、これだけでも小顔になることが出来ます。


両方の歯でバランスよくかむことによって、顎の筋肉が使われますので、二重あごを解消したり、顔のたるみを減らすなどの効果があるからです。


昔から、食事はよくかんで時間を掛けていただきましょう!と言われませんでしたか?


満腹中枢を刺激するので、全身のダイエットの方法としても、これは大事ですね。


《 小顔体操とは 》

さて、具体的に【小顔の体操】をご紹介します。


声を出して、『あいうえお』を発してみましょう。


ただし、その都度、最大限に口を大きく開くと同時に唇を出来るだけ前に突き出し、顔が外に引っ張られるつもりで。


一音ごと、10から15秒の時間を掛けて、ゆっくり発声して下さい。


この小顔の体操で顔の表情筋が引き締められ、あごのたるみの改善と顔のダイエット・シィプアップに効果があります。


他には、こんな方法もいかがでしょうか?


右の口角を上げて、右目を閉じ、まずは5秒間停止して下さい。


そして元の顔に戻して、またそこで5秒間動かないこと。


反対側も同様に行いますが、この小顔の体操は1日5回で十分です。


ですが、この小顔の体操は必ず鏡の前で、自分で自分の顔を見ながらやって下さい。


すべての運動に言えることですが、動かすところに自分の意識を集中させる事が効果を挙げるためには大事なことだからです。

小顔にボトックス

最近プチ整形でよく知られているボトックス。


テレビや雑誌でもボトックスという単語を耳にしたり目にしたりした方は多いのではないでしょうか。


では、ボトックスとはいったいどのような治療で、どのような効果があるのかというと、ボトックスはメスを使わない治療法です。


治療したい箇所に注射をするだけなので、施術時間が短いことが人気の一つのようです。


効果は、一般的には、シワを治療する方法で知られていますが、その他にも、エラの突出を目立たなくする効果や、眼瞼けいれんの治療や、多汗症の治療、脳性麻痺の歩行障害などの治療にも使用されています。


また、効果は個人差にもよりますが、だいたい3カ月~6ヶ月程効果を維持できるそうです。


また、プチ整形ときくと失敗や副作用の怖さがありますが、ボトックスは医療ミスのような失敗というよりも、自分が思っていたのと違うと思う事で失敗だと感じる事があるそうです。


特に、シワにボトックスを打った人は、笑顔や表情が変わってしまった。


きつい表情になってしまった。などがあるそうです。


エラに打つ分には、特にそういった問題もないですが、効果がなかったなどは、クリニックの問題や自分の体質の問題ですから、クリニック選びと、カウンセリングはきちんと行った方が良いです。


また、顔が大きく悩んでいる人で、エラの骨格が悪いと思っていて整体に通っていたが、一向に小顔にならないので、思い切ってボトックスをしたところ、1か月後には驚く程顔が小さくなった。という事例もありました。


なので、私個人的には、小顔を手に入れたいのならば、ボトックスが一番効果的でお勧めです。

大丈夫?小顔の整形...

小顔になる為には様々な方法がありますが、早く、確実に小顔になりたいならば、一番に思いつくのは整形手術ではないかと思います。


昔は、整形に対してのイメージが悪く、整形したとなれば世間から冷たい目で見られる事が多かったですが、現代では、昔に比べると整形への偏見が少なくなってきたように感じます。


芸能人の誰々が整形をしているなどの噂をよく聞きますが、整形してあれだけ綺麗になれば、整形も悪くないな。と思う人も多いと思います。


しかし、いざ整形しようとなると、失敗してしまった時や、費用の事を考えると不安になり思い留まってしまいます。


整形での失敗は、ないとは言いきれません。


整形手術に限らず、病気やけがでの手術でも絶対にないとは言いきる事ができません。


では、失敗しない為にはどうしたら良いのでしょうか?


成功、失敗の一番の原因は手術をするドクターによります。


インターネットで検索すれば数多くの情報を得られるので、多少時間はかかりますが、失敗しない為にもたっぷり時間を掛けてクリニックを選ぶ事をお勧めします。


また、カウンセリングをしっかり行わなかった事も失敗の原因になりますので、自分に合う手術なのか、どこをどれぐらい変えても大丈夫なのか(極端にやりすぎると失敗する事が多いです)ドクターと相談する事が大切です。


費用については、まず整形手術の相場を調べた方が良いでしょう。


クリニックにより、多少費用は異なりますが、安いからと安易に決めてしまうと失敗に繋がったり、施術後別途料金を請求される可能性もあります。


費用についても、ネット検索で情報収集する事をお勧めします。


整形するにあたり、最も重要なのが自分も知識をつける事です。治療法や費用、使用する薬などについても知識をつけておいた方が良いです。

[スポンサーリンク]

共有・ブックマーク









このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP